たまりば

  たまりばオフィシャル たまりばオフィシャル  八王子市 八王子市

縄文からジブリ・サンリオまで…『耳をすませば』の地球屋をイメージしたポストもある多摩市(聖蹟桜ヶ丘・多摩センター)

縄文からジブリ・サンリオまで…『耳をすませば』の地球屋をイメージしたポストもある多摩市(聖蹟桜ヶ丘・多摩センター)
今夜19時からのNHK BSプレミアム『TOKYOディープ!』。
テーマは「東京のタイムカプセル 多摩市」だそうです。

「タイムカプセル」という表現に、なんで?と思ったんですが、今回の番組では縄文時代から現代まで、多摩市の今と(うんと)昔を掘り下げるようですよ。
え、あの近代的な多摩ニュータウン・多摩センターがある多摩市で、縄文???とハテナマークがたくさん浮かんだ方もいるんじゃないかと思いますが、多摩市は縄文時代の多摩地域・・・いや、東京都を知る上で、「聖地」とも呼べる場所なんですよ。

多摩センターが「縄文の村」!?


多摩センター駅のそばには、東京都内で発掘された埋蔵文化財の調査・研究を行う「東京都埋蔵文化財センター」という施設があります。
この隣にあるのが、遺跡庭園「縄文の村」。
50種類以上の当時の植物や、3棟の縄文時代の竪穴式住居が復元展示されていて、住居内でのたき火体験も味わえます。


なんで、多摩センターに縄文の村があるのかというと、この辺りは「多摩ニュータウンNo.57遺跡」という遺跡があったそうで、この庭園は遺跡があった場所に盛り土をして造られています。
へ~、多摩ニュータウンは、遠い遠い昔、縄文人の集落があったんですねー。
縄文の村にある住居は一番古いもので6,000万年前の住居を再現したものだそうで、多摩ニュータウンとして入居が始まった45年前(1971年)が、ごく最近のことに思えてしまいます。


時代を超スピードで早送りして昭和に移すと、多摩市はニュータウン開発と並行して、人気映画やキャラクターゆかりの地として注目されるようになります。



聖蹟桜ヶ丘は『耳をすませば』の舞台


まずは映画。
ご存知、スタジオジブリの『耳をすませば』の舞台は、多摩市の聖蹟桜ヶ丘周辺と言われています。

昭和61年に新ショッピングセンターがオープン、63年京王電鉄本社も移転し駅周辺の再開発が終了。
私が中央線沿線から多摩に越してきた時に感じた違和感は、街自体の新しさのせいだったのか。最近は中央線沿線も随分と変わってしまい、三鷹や国立に二本立ての映画館があった頃が懐かしい。

多摩でセカンドライフを考えるから引用)


京王線の聖蹟桜ヶ丘駅前は、大きなビルが立ち並び、川崎街道が走る都会的な街並み。
耳をすますと、電車の音、車の音、行き交う人々の声など、街のにぎわいが聞こえてきますね。

映画『耳をすませば』を連想させるものと言えば・・・、


ポストでないポストをご存知ですか?
聖跡桜ケ丘駅前にある「青春のポスト」

みなさんの夢や目標を書いて投函して、その夢や目標が実現したら報告を投函する。
みなさんが2回投函してくれることを願っています。
というポストです。

これは聖跡桜ケ丘がアニメ映画「耳をすませば」のモデルの街になった記念にファンと商店街の有志が建てたそうです。
(「季節に寄り添って」から引用)


作品に出てくる「地球屋」みたいですねー。
見た目だけじゃなく、「青春のポスト」というネーミングや目的も、『耳をすませば』の舞台となった街にふさわしいものですね。

ちなみに聖蹟桜ヶ丘駅や多摩市は、同じくジブリ映画の『平成狸合戦ぽんぽこ』の舞台としても使われています。


多摩センターのクリスマスはキティちゃんのイルミネーション、光る「ぐでたま」も


最後は、世界的に大人気のあのキャラクターたち。
多摩センターには、キティちゃんをはじめとする人気キャラクターが集まるテーマパーク「サンリオピューロランド」があります。



世界中で大人気のキャラクター「キティちゃん」がいる、
サンリオピューロランドです。

意外に思われるかもしれませんが、
世界のキティちゃんがいるサンリオピューロランドは、東京都多摩市にあります。
京王線、小田急線、多摩モノレールの多摩センター駅から徒歩5分ほどのところ。


キラキラ輝くパレードの様子は、6,000万年前にこの土地で暮らしていた縄文時代の人たちが見たら腰を抜かしてしまうかも…!?
ピューロランド内のパレードも華やかですが、クリスマスを控えたこの時期はランドの外、多摩センターのまちなかでもキラキラなキティちゃんたちに会えるんですよ。


(「こぐまの多摩あるき武蔵野あるき」から引用)

多摩センター駅を降りると、キティちゃんたちサンリオキャラクターのイルミネーションがお出迎え。
今年は、キティちゃんのほか、「ぐでたま」が登場してるみたいですよー。





・TOKYOディープ!「東京のタイムカプセル 多摩市」
・遺跡庭園「縄文の村」
・サンリオピューロランド公式サイト
・多摩センターイルミネーション2016


  • にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩地区情報へ
    にほんブログ村のランキングに参加しています。クリックで応援して下さい。

    icon30SNSで多摩地域の8,000フォロワーへ発信!プレスリリース掲載希望の方はこちら


    たまりば 多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」
    八王子・立川・三鷹・武蔵野・調布など東京都多摩地域のみんなの情報発信プラットフォームです。
    ≫ブログを始める ≫イベント情報を投稿する ≫ビジネスブログ・HPを作る ≫問い合わせ



    ↓よろしければ、「たまりば」のSNSもフォローをお願いします。



     あなたへのお薦め記事
    同じカテゴリー(多摩地域の注目ブログ)の記事

     

    店舗・企業情報

    会社名

    ジェイ・ライン(株)たまりば編集部

    住所

    〒160-0022
    東京都新宿区新宿
    丁子屋ビル 5F

    TEL

    03-5367-0841

    営業時間

    10:00~18:00

    定休日

    土日祝日、夏季、年末年始

    URL

    https://tamaliver.jp/

    コメント

    「たまりば」は八王子・立川・三鷹・吉祥寺・町田・府中、調布などをはじめとする東京都の西側に広がる「多摩地区」の地域活性化・情報化を目指す、地域密着型ブログサービスです。