たまりば

  オフィシャル オフィシャル  八王子市 八王子市

ナビボタン付き このテンプレートを使うには?


みんなで観光マップを作ろう!府中・日野・多摩・稲城の京王沿線4市が連携してワークショップ開催


府中市・日野市・多摩市・稲城市という、京王沿線で隣り合う4つの市が連携して、地元在住・在勤・在学の方たちと一緒に観光マップを作ろう!というプロジェクトが始まるそうです。
市町村単位でだったり、行政の人たちだけでという観光マップ作りは各地で行われていますが、「参加型」で「隣接する市同士が連携して」という取り組みは珍しいのではないでしょうか。

多摩地域には30もの市町村があり、それぞれに魅力はあるものの、1つ1つの行政単位で考えるとエリアが狭く、回遊性のある観光ができるかというと、難しいところがありますよね。
(もちろん、なかには面積が広かったり、コンテンツが集中している市町村もありますが)

参加型の観光マップづくり、とても面白い取り組みだと思います。
そこで、今回の「たまりばまとめ」では、こちらのワークショップについてご紹介したいと思います。

第1回は6月24日(日)の午後、府中市市民活動センター プラッツで開催。
申し込み締め切りは6月10日(日)と迫っていますので、ご興味のある方はぜひお申し込み下さい!

それでは詳細をご案内します。






  • 「多摩の横山」を歩いて学ぼう、多摩市・秋の遊歩道ガイドウォークの締切迫る(10月10日まで)


    日に日に朝晩の気温が下がり、秋の行楽シーズンがやってきましたね。

    多摩地域では10月も様々なイベントが開催されますが、今回は1ヶ月早送りして、11月に多摩市で開催される「秋の遊歩道&多摩よこやまの道をめぐるガイドウォーキング」をご紹介したいと思います。
    実施自体は11月ですが、参加申し込みは10月10日(火)までと締切が迫っています。
    紅葉シーズンの多摩丘陵での散策を楽しみたいという方は、ガイドの方と一緒に歩くガイドウォーキングにお申し込み下さい。


    ※画像はイメージです


    ところで皆さん、このイベント名にもある「多摩よこやまの道」って、ご存知ですか?




  • 八王子上空にブルーインパルスが!「緑化フェア」「フードフェスティバル」9/16開幕、たまりば会員さんも登場


    今年、市制100周年を迎えた八王子市。
    100周年を記念して、市内各地で様々なイベントが開催されてきましたが、いよいよメインイベントと位置づけられている「全国都市緑化はちおうじフェア」が、9月16日から開催されます。

    メイン会場の富士森公園をはじめ、市内6箇所のサテライト会場、そして公共施設、学校、企業、まちかど花壇などのスポット会場では、花と緑の飾りつけや整備が進められてきたので、市民の皆さんも関心を持たれていることでしょう。

    緑化フェアや、同時開催される「八王子フードフェスティバル」には、「たまりば」会員さんたちも登場されるので、イベント情報と合わせて、会員さんたちの出演・出店情報もご案内しまーす。







  • 開催日に注意!八王子花火大会、今年は7/22(土)開催です♪


    いよいよ梅雨が明け、お子さんたちは夏休みに突入!
    お祭り・花火・プールなど・・・楽しいイベント、遊びが続くシーズンになりました♪

    多摩地域の夏の花火大会というと、「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」や「八王子花火大会」「昭島市民くじら祭夢花火火」などが人気ですね。
    例年は、立川まつり国営昭和記念公園花火大会と同日開催となることが多く、「どっちに行こう~」と迷った経験がある方も少なくないはず。

    でも、今年は両方を楽しめちゃうチャンスかも!?






  • 5月13日は「まちあるき」「演劇」で八王子を知るイベント開催


    ゴールデンウィークは終わってしまいましたが、春の多摩地域はイベントがまだまだ盛りだくさん。
    5月13日(土)、八王子では「まちあるき」や「演劇」を通じて地元のことを知るイベントが開催されるようです。




  • 野川の桜ライトアップ2017、調布ブロガーさんが写真付きレポート


    今年は桜の開花から満開・見頃を迎えるまでに日数がかかり、イマイチお花見の最適なタイミングが掴みにくいところがありますが、毎年1日限りの夜桜ライトアップ演出をして下さるアークシステムさんが、今年も「野川の桜ライトアップ」を実施されました。

    調布市のブロガーさんたちが、当日の様子をアップして下さっているのでご紹介します。
    今年行けなかったという方は、こちらの写真を楽しんで頂き、ぜひ来年は足を運んでみて下さいね!




  • まもなく満開☆見頃を迎えそうな多摩地域の桜・お花見スポットまとめ2017年版


    今年は、3月21日に全国のトップを切って東京の桜の開花宣言がありました。

    基準となる標本木は千代田区の靖国神社にあるので、たいてい多摩地域での開花は数日から1週間ほど遅れますが、今年は、開花宣言の後、気温の低い日が続いたこともあって、4月に入っても多くのスポットでは満開には届かず、咲き始めや5分咲き程度。
    おかげで、入学式シーズンまで桜の花がもってくれましたね☆

    今度の週末(4月8日・9日)にお花見を計画している方も多いのではないでしょうか?
    そこで、「たまりば」会員さんたちの記事を参考にしながら、多摩地域のお薦めお花見スポットをご紹介したいと思います。




  • 【ぶらり途中下車の旅】青梅にミニ映画館?立川でオーロラ?青梅線・中央線の旅


    今週末3月18日(土)の『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ)は、「青梅線・中央線」だそうです。

    青梅と聞くと、「赤塚不二夫会館」とか「昭和レトロ商品博物館」などが有名ですが、今回の旅では「ぶらり~」らしく、定番スポットではない地域の注目スポットを訪れるようですよ。
    さらに、立川では神秘的な体験ができちゃう研究所にも。

    番組ホームページの予告をもとに、訪問先の情報を先取りチェックしてみたいと思います!







  • 【調布市】J:COM『東京生テレビ』にシネマルシェ・ドゥ・チョウフ登場!ひろみちお兄さんも来るよ♪


    今度の週末、2月4日(土)から「映画のまち」としてシティープロモーションを行っている調布市が、「映画のまち調布」マンス(月間)に入るようです。



    以前にもご紹介したことがありますが、調布市は「日活調布撮影所」「角川大映スタジオ」をはじめとした映画関連産業が盛んな町です。
    企業や施設があるだけでなく、無料の映画上映会「調布シネサロン」や市民が作る多摩地域最大級の映画祭「調布映画祭」、お子さん向けの映画ワークショップ「子どもたちと映画寺子屋」「調布ジュニア映画塾」や、高校生が作る映画のコンテスト「高校生フィルムコンテスト」などなど、1年を通じて、調布市内の様々な立場の人たちが映画に関わる機会があります。

    「映画館がある街」は、全国にたくさんありますが、ここまで「映画と地域の暮らしが密着している町」は、他にないんじゃないでしょうか?
    その「映画のまち」調布では、2月4日~3月12日までの1ヶ月ちょっとの間に、映画関連のイベントが6つも開催されちゃうそうです!


    幕開けとなる第1弾は「シネマルシェ・ドゥ・チョウフ」。
    会場には、あの"ひろみちお兄さん"もいらっしゃるようですよー。





  • 早くも梅の便り♪「谷保天満宮」梅林茶処では「紅梅ゼリー」販売開始


    1月下旬は雪が舞う日があったかと思えば、春を感じさせるような暖かい日もありました。
    日が暮れる時間も日に日に遅くなり、ちょっとずつ次の季節に向かっていることを感じられるようになってきましたね。

    春のような気候に乗って、早くも国立市の谷保天満宮からは「梅の便り」が届きました。
    谷保天満宮梅林にある「茶処てんてん」さんのブログから、梅の開花と、季節に合わせた商品販売のご案内です。

    ※写真はイメージです